食物繊維を摂取して便秘解消

野菜と肉をバランスよく食べることが健康に繋がることは誰もが知っている事実です。
逆にどちらかのバランスが肥大するなら種々の病気の原因にもなり得ます。
これだけ考えると食生活のバランスを図るということは難しいように思えますが、そもそも私達の食生活を変えているのは私たちの生活の仕方にあります。
基本的な習慣を守っていればバランスの取れた栄養摂取を行うことは可能です。

肉だけでなく野菜を食べることには、便秘にも関係します。
便秘に悩んでいる人の多くが、食生活や睡眠、ストレス等が原因となって、便が固くなったり腸の働きが衰えている種類の便秘です。
病気が原因となる便秘と異なり、こちらは個人個人で便秘解消することが可能です。
機能性便秘を改善するためには、便を柔らかくする食物繊維が不可欠です。

食物繊維が便秘に効くことは広く知られていますが、気を付けたいのは野菜をたくさん食べているからと言って便秘にならないということではありません。
食物繊維には『水溶性』のものと『非水溶性』があります
果物や海藻、その他野菜類に多く含まれている水溶性食物繊維は便を柔らかくし、小麦や大豆、穀類が多く含む非水溶性食物繊維は胃腸の機能を改善する働きがあります。