なぜ便秘になってしまうのか

現代人が抱える重大な問題の一つに「便秘」があります。
便秘で悩んでいる方の大半はなぜ自分が便秘で悩んでいるか本当の意味で理解できていません。
でもそれは仕方がないことです。
便秘の原因は一つだけではないからです。

便秘になる原因として、まず考えられるのは食べているものです。
食習慣の乱れは便秘に大いに関係します。
便は食べた物の老廃物だからです。
便を固くさせてしまうような、偏った食事を続けている可能性があります。
肉類中心、野菜等から食物繊維を摂取していない、などの理由が考えられます。
便を柔らかくするためには水に溶けやすい水溶性食物繊維、腸の働きを向上させるためには非水溶性食物繊維の摂取が必要です。
忙しくとも何も考えず外食やコンビニ弁当などで済ませてしまうのではなく、健康を気遣った食生活を心がける必要があります。

また、水分不足も便秘の原因になります。
便が水分を含んでいないと、コロコロとした便になりがちです。
その結果便の回数や習慣がおかしくなることもあります。
結果便秘を招きます。

便秘解消のために我慢することも良くありません。
毎日正しい排便習慣を欠かさずにいることは大切です。
我慢した状態が続くと正常に便意が伝わらなくなります。